創刊から59年。企業のバックオフィスを支える経理・総務・人事担当者のために。企業実務創刊から59年。企業のバックオフィスを支える経理・総務・人事担当者のために。企業実務
新人からベテランまで。実務担当者をサポートする専門情報誌。企業実務新人からベテランまで。実務担当者をサポートする専門情報誌。企業実務
あなたのビジネスを、バックオフィスでサポート企業実務あなたのビジネスを、バックオフィスでサポート企業実務
富士山マガジンサービスにて 1,000円OFFキャンペーン中

『企業実務』とは? 経理・総務・人事の業務を全面的にバックアップ

『企業実務』は、総務・経理・労務の現場で“実際に使える”情報誌。
業務に確実さを、判断に自信をもたらし、企業経営をしっかり支えます。


『企業実務』の特長

企業実務表紙

発行:日本実業出版社
発売日:毎月25日
サイズ:A4変型判(付録つき)
価格:31,680円(年間購読/消費税込)

1冊無料お試し

経営の羅針盤である「経理」をバックアップ

難しい経営環境下でも、各部署から集まるデータを基に、会社の進むべき方向を示すのが経理です。
『企業実務』は、経理が「何を・どのように示すべきか」、そのノウハウを提供します。

税理士任せでも欠かせない、「税務」の知識が満載

「税金のことは税理士任せ」という企業でも、これを知らないと絶対に損という部分が多数あります。『企業実務』は、顧問先の多い税理士に代わってわかりやすく問題点を明示し、解決策をズバリ提示いたします。

多忙な部課長に代わり、部下を育てる実務誌

総務初心者を手取り足取り教育するのは、中小零細企業ではむずかしいものです。
そこで『企業実務』が部課長に代わって仕事の進め方を教え、法定事務や業務手順を時期に合わせて解説します。

経理・総務・人事の最新情報や課題を、
働く人に分かりやすく

企業実務・記事例

企業実務最新号のご紹介

月刊「企業実務」2022年4月号

◎ 人件費の負担増、どう対応すべき?

◎ 銀行融資担当者との付き合い方

◎ 在宅勤務のコミュニケーション活性化

◎ 公益通報者保護法の改正ポイント

【別冊付録】ビジネスメールの書き方と送り方

月刊「企業実務」2022年3月号

◎ 新事業年度の経営計画策定のポイントとは

◎ オフィスの整理・縮小で留意したい税務

◎ コロナ禍で増える退職トラブルとその予防策

◎ 期日に入金がない場合の催促・督促の仕方

【別冊付録】中小企業のオンライン採用ハンドブック

月刊「企業実務」2022年2月号

◎ 今期の決算業務で押さえたいポイント

◎ 経営改善計画書の書き方

◎ 見やすい資料作成のコツ

◎ ハラスメント相談窓口の設置と運営法

【別冊付録】就業規則の見直し方

平均購読年数15年! 『企業実務』をもっと知る

  
運営会社情報  特定商取引に関する表示